インプラントの歯とは?

歯の治療の中で、最近よく耳にするようになったのが「インプラント」というものです。
インプラントの治療をする方が増える理由としては、従来の治療法にはない良さがあるからです。
その「良さ」とは何か、状来の治療法のひとつである入れ歯(義歯)の場合ですと、隣り合う歯に虫歯が出やすくなる・顎の骨が痩せてくるなどといった弊害がでてくる場合がありますし、ブリッジと呼ばれる治療法ですと、隣にある健康な歯を削るため、健康な歯を犠牲にするというデメリット・ブリッジを被せた抜けている歯の骨が痩せてくると言った弊害がでてくるなどといった事があったのです。
それに比べて、インプラントの治療ではそのような弊害が出る事はありません。
それはインプラントの治療が従来の治療とはまったく違うということにその根拠があります。
インプラントの治療では、まず欠けてしまった歯の部分の骨を削り、その部分にフィクスチャーと呼ばれるインプラント本体を埋め込みます。
フォクスチャーと削って埋め込んだ骨が結合するまでに3ヶ月~6か月(個人差があります)の時間を要しますので、この間は仮の歯を欠けている部分にはめ込み、結合をするのを待ちます。
そしてフォクスチャーと骨が強固に結合をしたら、インプラントの頭を掘り出し、ヒーリングアバットメントと呼ばれるネジを装着し、掘り出した事によりダメージを受けた歯茎が回復する期間を置きます。
その後、歯茎が回復をしたらいよいよ歯を取り付けるためのアバットメントと呼ばれる土台をネジをとめ、その土台に失った歯に合わせて造られた歯を装着します。
このように治療により、インプラントの治療を行うので、ご自分の歯を傷つけることなく、また見た目もご自分の歯と遜色のない治療を受ける事ができるのです。
このインプラントに使われている素材はチタンが多く利用をされています、それはチタンと歯の結合力が優れているからです。
そしてその上に被せられる歯は、天然の歯と見た目はほとんど変わらない人口の歯を使用しています。
その為、インプラントの治療は、失った歯に変わる「第二の永久歯」と呼ばれているのです。

胡蝶蘭の通販なら
最高の品揃え ほしい蘭がきっと見つかる